薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers

薪ストーブQ&A;薪ストーブの設置費用


薪ストーブQ&A
初心者に良く尋ねられる質問を、Q&A形式にまとめてみました。ここに載っていない質問があれば、遠慮なくこちらからリクエストしてください。
CONTENTS
サイト TOP
サイトマップ
−基礎知識−
薪ストーブこれぐらいは知っておこう
薪ストーブの定義
薪ストーブのデメリット
薪ストーブとは?
薪ストーブのメーカーと特徴(前編)
薪ストーブのメーカーと特徴(後編)
−安全対策−
あなたの薪ストーブは火事になる
薪ストーブと法規制(前編)
薪ストーブと法規制(後編)
安全な薪ストーブの設置とは(前編)
安全な薪ストーブの設置とは(中編)
安全な薪ストーブの設置とは(後編)
−薪ストーブと煙突−
こんな薪ストーブはストレスばっかり
うちの薪ストーブは暖くない(前編)
うちの薪ストーブは暖くない(後編)
曲がった煙突はストレスの元(前編)
曲がった煙突はストレスの元(後編)
後悔しない煙突プランとは?(前編)
後悔しない煙突プランとは?(中編)
後悔しない煙突プランとは?(後編)
−レイアウト−
設置プランを工務店に任せるな
使い勝手の良い設置プラン(前編)
使い勝手の良い設置プラン(後編)
設置プランを工務店に任せるな
−業者の選び方−
良い薪ストーブ屋を探そう
良い薪ストーブ屋の条件
薪ストーブQ&A
薪ストーブQ&A TOP
リンク
リンク集
リンクについて  
−姉妹サイト−
薪ストーブ検索エンジン
薪ストーブ検索エンジン

ご意見などはこちらへどうぞ。
<関連書籍>

CONTENTS
薪ストーブQ&A

サイトにお寄せいただいた質問や初心者に良く尋ねられる質問を、Q&A形式にまとめ、随時追加していきます。
このページ以外のQ&Aは「薪ストーブQ&A」TOPからお探しください。
載っていない質問があれば、遠慮なくこちらからリクエストしてください。

薪ストーブの設置費用はどのぐらいですか?
これは本当にケースバイケースですが、おおむね70万〜120万の間が平均的です。
内訳を項目ごとに拾うと次のとおり。

薪ストーブ本体(定価):20〜70万円
 暖房として使うのなら、ある程度しっかりしたものにしておいた方が良いでしょう。また、一晩火を保たせようと思うのなら、小型機種では無理です。入る薪のサイズや料理の便などからも、中〜大型のサイズが使い勝手が良いでしょう。ちなみに、薪ストーブの買い替えをする人のほとんどは、小型を初めに買ったものの物足りなくて中〜大型にする、というパターンです(逆はまずいません)。後悔のないようにしっかり検討しましょう。

煙突プラス工賃(定価):40万円前後〜
 煙突は屋根上まで立ち上げますから、平屋と二階建ての家では煙突の長さがガラリと変わってきます。また、同じ高さの屋根の家でも、吹き抜けがあってそこに煙突を通す場合と、吹き抜けがなく、二階の床を抜いて二階居室内を通す場合で費用が変わってきます(共に後者の方が割高)。これは、設置する家屋ごとに費用が変動する項目といえるでしょう。
また、薪ストーブを壁際に寄せて設置する場合、当然煙突も壁に近寄りますから、シングル煙突を使わず全て二重煙突にする、などの安全策が必要です(詳しくは「安全な薪ストーブの設置とは?」参照)。また、曲がり煙突は高価なので、煙突を曲げる場合は割高になるでしょう。これらは、設置プランごとに費用が変動する項目といえます。
工賃は、依頼するショップごとに費用が変動する項目といえますね。
以上のように、「煙突プラス工賃」部分の費用は家屋・設置プラン・ショップ工賃、の三つの要因で決まってきます。
さて。
鋭い人は気がついたかもしれませんが、上記の要因に、薪ストーブの大きさというのは含まれていません。それは、原則として、どの薪ストーブをつけても煙突は同じ、だからです(ストーブの背の高さによって若干の変動はありますが/その他、例外もあります)。ですから、70万円の薪ストーブに40万円の煙突、というのがあり得るように、20万円の薪ストーブに50万円の煙突、なんてのもあり得るのです。どうせ煙突の費用が変わらないんだったら、使い勝手の良い中〜大型の薪ストーブを入れてしまった方が良いのでは、なんていうのも一理あるかもしれませんね。

炉台・炉壁  :5〜20万円程度
 まず炉壁ですが、薪ストーブ本体と壁との距離により、メーカーからサイズ等の指定があります(壁から離れていれば不要になる場合もあります)。また、同じ壁際でも、部屋の中ほどの壁際に設置する場合は背面の炉壁一枚で済みますが、部屋の隅(コーナー)に45°の角度で設置する場合は、右後ろの壁と左後ろの壁それぞれに炉壁を立てることになるので(計2枚)、後者の方がずっと割高になります。これが一般論。
そして、具体的な炉台・炉壁費用ですが、2つのパターンに分かれます。
ひとつ目は、レンガやタイル、ALC(発泡コンクリート)などを使用して作成する、一般的なパターンです。薪ストーブショップに依頼しても良いですし、新築なら工務店に(家の建築とセットで)お願いするのもリーズナブルです。工務店に依頼する場合は、必要サイズや空気層の確保など、安全面の留意事項に関する資料を薪ストーブショップに用意してもらい、必要に応じて、薪ストーブショップと工務店とで打ち合わせてもらいましょう。
また、オススメなのが、人に頼まずに自分で炉台・炉壁を作る、ということです。多少目地が揃っていないぐらいの方がかえって面白かったりするので、ぜひチャレンジしてみてください。薪ストーブショップに相談すれば、たいていのショップでは丁寧に教えてくれる筈です。また、色々なサイトでも解説しているようです。かなりのコストダウンになりますよ。
炉台・炉壁のふたつ目のパターンは、既製品のパネルを使う方法。
レンガなどで作ってもらうのとコスト的には大差ありませんが、床への荷重を大幅に減らすことが出来ます(コーナー置き/炉壁2枚、炉台炉壁はレンガ、ストーブ中〜大型の場合⇒約7〜800kg/床補強の必要性・方法は都度薪ストーブショップか工務店に相談してください)。また、レンガの炉台が床から70〜80mm上がるのに対し、パネルは薄いのでそれが半分以下で済むのもポイントです。デメリットは、既製品だけに、サイズが決められていること。部屋の間取りに合わせて、とか、薪置き場の分も広めに、というのは難しいでしょう。

その他
 その他の費用として、降雪地帯では、屋根上の煙突が雪で持っていかれないようにするための「雪割り」というものが、条件によっては必要になります。また、急傾斜地に建つ別荘などで、人力で薪ストーブ(200kg超の機種もあります)を搬入できない場合は、クレーンなどの費用が別途かかるケースもあります。
 また、厳密には設置費用には含まれないかもしれませんが、耐熱グローブ、火掻き棒などのツール類、灰取りバケツなどの周辺グッズや、斧やチェーンソーなどの薪作りグッズの予算も見ておいた方が良いでしょう。ずっと使える、しっかりしたものを揃えようと思うと、びっくりする値段になります。薪ストーブ設置工事と一緒に頼んでしまうか(値引きもそれなりに期待できるかも?)、徐々に揃えていっても良いでしょう。


以上、薪ストーブ設置に関する費用の内訳概要です。
大型の薪ストーブにするほど、また、薪ストーブを壁際に近づけるほど、さらに、高い屋根を持つ家ほど、設置費用は高額になっていく傾向にあるといえるでしょう。
正確なところは、実際に見積りを依頼して確認してください。
新築の場合は図面(平面図・立面図・矩計り)があればOK、既存宅の場合は実際に来てもらうのが一番です。



前【薪ストーブQ&A TOP 【薪ストーブQ&A;薪ストーブの設置費用】 次【薪ストーブQ&A;格安薪ストーブの探し方

<PR>





薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers


FlameWatchers All rights reserved.
一切の転用を固く禁じます