薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers

薪ストーブQ&A;炉台と空気層


薪ストーブQ&A
初心者に良く尋ねられる質問を、Q&A形式にまとめてみました。ここに載っていない質問があれば、遠慮なくこちらからリクエストしてください。
CONTENTS
サイト TOP
サイトマップ
−基礎知識−
薪ストーブこれぐらいは知っておこう
薪ストーブの定義
薪ストーブのデメリット
薪ストーブとは?
薪ストーブのメーカーと特徴(前編)
薪ストーブのメーカーと特徴(後編)
−安全対策−
あなたの薪ストーブは火事になる
薪ストーブと法規制(前編)
薪ストーブと法規制(後編)
安全な薪ストーブの設置とは(前編)
安全な薪ストーブの設置とは(中編)
安全な薪ストーブの設置とは(後編)
−薪ストーブと煙突−
こんな薪ストーブはストレスばっかり
うちの薪ストーブは暖くない(前編)
うちの薪ストーブは暖くない(後編)
曲がった煙突はストレスの元(前編)
曲がった煙突はストレスの元(後編)
後悔しない煙突プランとは?(前編)
後悔しない煙突プランとは?(中編)
後悔しない煙突プランとは?(後編)
−レイアウト−
設置プランを工務店に任せるな
使い勝手の良い設置プラン(前編)
使い勝手の良い設置プラン(後編)
設置プランを工務店に任せるな
−業者の選び方−
良い薪ストーブ屋を探そう
良い薪ストーブ屋の条件
薪ストーブQ&A
薪ストーブQ&A TOP
リンク
リンク集
リンクについて  
−姉妹サイト−
薪ストーブ検索エンジン
薪ストーブ検索エンジン

ご意見などはこちらへどうぞ。
CONTENTS
薪ストーブQ&A

サイトにお寄せいただいた質問や初心者に良く尋ねられる質問を、Q&A形式にまとめ、随時追加していきます。
このページ以外のQ&Aは「薪ストーブQ&A」TOPからお探しください。
載っていない質問があれば、遠慮なくこちらからリクエストしてください。

薪ストーブの上手な焚き方とコツ
低温炭化対策として、薪ストーブの炉壁を壁に密着させず、壁と炉壁の間に空気層を設けることは非常に重要です。(「安全な薪ストーブの設置とは(後編)」参照)
では炉台のほうは、床とレンガの間に空気層を設ける必要はないのでしょうか。
ストーブ自体かなりの重さであるのに、プラスレンガの重さを支えつつ空気層、となると、施工的にはかなりの困難が予想されます。
ここでは、薪ストーブの下方への熱対策「炉台と空気層」について解説します。

やはり完全な施工は困難
さて、この「炉台と床との空気層」に関してですが、非常に鋭いご質問です。
理屈的には「炉台と床との空気層」はやはり必要なのですが、実際の施工となると、これは非常に困難です。ではどうすれば良いのでしょうか。

バーモントキャスティングス社の輸入元では、こんな安全指示があります。
「可燃物の上に炉台を作成している場合は、ボトムヒートシールド(※)を必ずつけてください」

ボトムヒートシールドとは、薪ストーブ下部を覆う遮熱の鉄板のことです。
レンガ等の炉台の下に空気層を設けるのは施工的に困難なので、ストーブ下部に遮熱板を付けることにより安全を図る、ということですね。

また、他社、例えばヨツール(特に大型)の薪ストーブでも、ボトムヒートシールドがオプション扱いではなく、標準装備扱いになっていたりします。

そう、つまり炉台に空気層を作るのではなく、ストーブにボトムヒートシールドを付けて対応する方向が、施工的にも楽で確実な方法です。

メーカーや機種によって、ボトムヒートシールドが標準装備だったりオプション扱いだったりしますが、そこは確認しておきましょう。
万が一、専用のボトムヒートシールドがない場合は、ストーブの下に鉄板を置く(炉台に直置きではなく、レンガなどで四隅に台を作り、その上に置く=レンガの台の分の空気層が確保できます)などでも対応可能ですし、応急的措置としては、高級のお菓子が入っている四角い鉄の箱を並べても良いでしょう。見た目は・・・ですけどね。

最後に、補足。
上記には限定がありまして、「(床などの)可燃物の上に炉台を作る場合」の限定の
ハナシです。
土間にストーブを置いたり、建物の基礎を立ち上げて、そのまま炉台にしている場合などは
上記の処置は不要です。いくら下に熱が伝わっても、燃えるもの(=炭化するもの)がなければ問題ないですからね。


前【薪ストーブQ&A TOP 【薪ストーブQ&A;薪ストーブ炉台と空気層】 次【リンク集

<PR>





薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers


FlameWatchers All rights reserved.
一切の転用を固く禁じます