薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers

薪ストーブQ&A;ペレットストーブとは?/輻射式と対流式


薪ストーブQ&A
初心者に良く尋ねられる質問を、Q&A形式にまとめてみました。ここに載っていない質問があれば、遠慮なくこちらからリクエストしてください。
CONTENTS
サイト TOP
サイトマップ
−基礎知識−
薪ストーブこれぐらいは知っておこう
薪ストーブの定義
薪ストーブのデメリット
薪ストーブとは?
薪ストーブのメーカーと特徴(前編)
薪ストーブのメーカーと特徴(後編)
−安全対策−
あなたの薪ストーブは火事になる
薪ストーブと法規制(前編)
薪ストーブと法規制(後編)
安全な薪ストーブの設置とは(前編)
安全な薪ストーブの設置とは(中編)
安全な薪ストーブの設置とは(後編)
−薪ストーブと煙突−
こんな薪ストーブはストレスばっかり
うちの薪ストーブは暖くない(前編)
うちの薪ストーブは暖くない(後編)
曲がった煙突はストレスの元(前編)
曲がった煙突はストレスの元(後編)
後悔しない煙突プランとは?(前編)
後悔しない煙突プランとは?(中編)
後悔しない煙突プランとは?(後編)
−レイアウト−
設置プランを工務店に任せるな
使い勝手の良い設置プラン(前編)
使い勝手の良い設置プラン(後編)
設置プランを工務店に任せるな
−業者の選び方−
良い薪ストーブ屋を探そう
良い薪ストーブ屋の条件
薪ストーブQ&A
薪ストーブQ&A TOP
リンク
リンク集
リンクについて  
−姉妹サイト−
薪ストーブ検索エンジン
薪ストーブ検索エンジン

ご意見などはこちらへどうぞ。

CONTENTS
薪ストーブQ&A

サイトにお寄せいただいた質問や初心者に良く尋ねられる質問を、Q&A形式にまとめ、随時追加していきます。
このページ以外のQ&Aは「薪ストーブQ&A」TOPからお探しください。
載っていない質問があれば、遠慮なくこちらからリクエストしてください。

薪ストーブとペレットストーブの違い
近年、薪ストーブと並んでペレットストーブも注目を集めています。どちらも環境にやさしい、山林を活性化させる暖房方式という点では同じですが、実はこのふたつは全く違うものです。どう違うのでしょうか。
薪ストーブが薪を燃やすストーブであることに対し、ペレットストーブはペレットを燃やすストーブです。ペレットって何?−−そんな質問が聞こえてきますが、ペレットとは、主に間伐材などを粉砕し、あずきサイズに固めたものです。化石燃料と違って、木材はほぼ1〜2世代で再生可能ですし、現状は不要な間伐材のリサイクルの範囲で賄っていますから、やはり環境に優しい燃料です。(薪も同じですが。)
また、ペレットストーブに関心の高い、林業が盛んな地域であれば、比較的容易にひと袋いくらで購入することができます。
薪と異なるのは、ペレットは燃えづらい、という点。薪ストーブが自然の対流だけで燃えていくのに対し、ペレットはファンで空気を送ってやらないと燃えません(電気が必要)。視点を変えれば、それは薪ストーブのように煙突を立派にする必要はなく、排気筒程度で充分ということでもあります。また、トータルの熱量は今のところ薪ストーブにはかないません。

ペレットストーブには、薪作りの手間はなく、ペレットを買ってくるだけです。逆に言えば「便利」なのですが、薪ストーブならではの満足感はありません。また、ペレットストーブでも炎を眺めることはできますが、ガスコンロほど退屈な火ではないものの、炎のダイナミックさ、多様さは薪ストーブや焚き火には到底及ばないことも付記しておきましょう。(なにせこのサイトは「FlameWatchers」ですから。)
化石燃料を使うファンヒーターなどよりも、環境には間違いなく優しいペレットストーブ。結局のところ、薪ストーブが「スローライフの道具」であることに対し、ペレットストーブは「環境に優しい電気製品」であるといえるでしょう。

輻射式と対流式の違い
薪ストーブには、その熱の放射方式に、輻射式と対流式があります。輻射式は単純に本体の鋳鉄から直接輻射熱を周囲に放散させるタイプ、対流式は本体外側を二層構造にし、外層で輻射熱を一旦さえぎって、層の中で暖められた空気を放出するタイプです。
その暖気を放出という点では、対流式はファンヒーターにやや近い存在といえるでしょう。ですが、温風を放出するといってもファンヒーターのように風を感じるほどではなく、ゆらゆらと暖気が立ち昇る程度です。また、長時間焚いていれば外層の鋳鉄も暖まって、最終的には(一段弱い)輻射熱を周囲に放散します。多少の違いはあるものの、やはり「薪ストーブ」であることに変わりはないでしょう。
暖まり方でふたつを比べると、薪ストーブ暖房は「暖まりにくく冷めにくい」ものですが、輻射式の方はその傾向が強く、対流式の方が若干「暖まりやすい」といえるでしょう(本当に若干ですが)。
また、輻射式と対流式の違いは熱の放散方法だけですから、どちらが暖かいということはありません。トータルの熱量は、単純に内部の薪の燃え方に応じますので念のため。
その他の特色として、言ってみれば対流式は「遮熱板付き」ですから、より背面や側面の壁に近づけることができます。逆に、「遮熱板付き」ですから、その分本体はひと回り大きくなります。結論として、輻射式と対流式、どちらが優れているということはありませんから、あまりここにこだわってストーブを選定することはありません。
強いて言えば、天板が二層構造になっていると、天板の温度はさほど上がりません。ストーブの上で煮物などの料理をしたい場合、あまり向いてないかもしれませんね。



前【薪ストーブQ&A TOP 【薪ストーブQ&A;ペレットストーブ/輻射式と対流式】 次【薪ストーブQ&A;触媒とクリーンバーン

<PR>





薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers


FlameWatchers All rights reserved.
一切の転用を固く禁じます