薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers

薪ストーブQ&A;高気密住宅と薪ストーブ


薪ストーブQ&A
初心者に良く尋ねられる質問を、Q&A形式にまとめてみました。ここに載っていない質問があれば、遠慮なくこちらからリクエストしてください。
CONTENTS
サイト TOP
サイトマップ
−基礎知識−
薪ストーブこれぐらいは知っておこう
薪ストーブの定義
薪ストーブのデメリット
薪ストーブとは?
薪ストーブのメーカーと特徴(前編)
薪ストーブのメーカーと特徴(後編)
−安全対策−
あなたの薪ストーブは火事になる
薪ストーブと法規制(前編)
薪ストーブと法規制(後編)
安全な薪ストーブの設置とは(前編)
安全な薪ストーブの設置とは(中編)
安全な薪ストーブの設置とは(後編)
−薪ストーブと煙突−
こんな薪ストーブはストレスばっかり
うちの薪ストーブは暖くない(前編)
うちの薪ストーブは暖くない(後編)
曲がった煙突はストレスの元(前編)
曲がった煙突はストレスの元(後編)
後悔しない煙突プランとは?(前編)
後悔しない煙突プランとは?(中編)
後悔しない煙突プランとは?(後編)
−レイアウト−
設置プランを工務店に任せるな
使い勝手の良い設置プラン(前編)
使い勝手の良い設置プラン(後編)
設置プランを工務店に任せるな
−業者の選び方−
良い薪ストーブ屋を探そう
良い薪ストーブ屋の条件
薪ストーブQ&A
薪ストーブQ&A TOP
リンク
リンク集
リンクについて  
−姉妹サイト−
薪ストーブ検索エンジン
薪ストーブ検索エンジン

ご意見などはこちらへどうぞ。

CONTENTS
薪ストーブQ&A

サイトにお寄せいただいた質問や初心者に良く尋ねられる質問を、Q&A形式にまとめ、随時追加していきます。
このページ以外のQ&Aは「薪ストーブQ&A」TOPからお探しください。
載っていない質問があれば、遠慮なくこちらからリクエストしてください。

高気密住宅と薪ストーブ
近頃、エコの観点もあって高気密・高断熱住宅が主流になってきています。薪ストーブとの相性はどうなのでしょうか。
まず、高断熱(もしくは低断熱)という要素に関しては、薪ストーブだからといって特別な影響はありません。住宅の断熱性が高ければ熱が逃げにくく、暖房効率は良くなります。これは、どんな暖房方式をとっても同じです。
影響があるのが、高気密という要素。
まずは一般的な薪ストーブでの空気の循環から説明しましょう。

火が燃えるには空気を必要としますから、薪ストーブを焚くと、通常、室内の空気をゆっくりと取り込み、煙となって煙突から排気します。自然の対流を利用した弱い換気扇のようなものです。ここで窒息の心配をする人もいますが、問題ありません。台所の換気扇を考えてみてください。機械仕掛けのファンは薪ストーブの何層倍も部屋の空気を吸い込みますが、台所の換気扇で窒息の心配をする人はいないでしょう?
強いて言えば、稀に「隙間風」的な影響がある場合があります。薪ストーブに吸われた室内の空気は、窓や玄関その他の隙間からゆっくりと入ってきます。これは風、という程ではなく、あるかなきかの空気の流れ程度のものです。普通は気付くこともできません。
ですが、ごく稀、100軒に1軒あるかないかですが、この外からの冷たい空気が室内の空気に充分に交じり合わず、薪ストーブまでの冷たい帯となってしまうケースがあります。そこがダイニングテーブルの足元だったりすると−−「なんか足元に隙間風が来るよね」となってしまう、という按配です。
これは、一番空気を吸い込みやすい窓なりドアなりの位置や、部屋の空間の大きさ、間取り、人の導線などなど諸条件が重なると発生しますが、対処方法はあります。薪ストーブの近くの壁か床に、薪ストーブ用の給気口をつくってやればOKです。要は、室内に冷たい空気の帯を作らないよう、そこから外気を吸わせてやるということですね。給気口自体を開閉式にしておけば、薪ストーブを使わないときでも問題にはなりません。もしくは、給気アダプターを使って、給気口とストーブを直接パイプで接続するという方法もあります。ただし、この場合、極端に冷たい外気でそのまま火を燃やそうとする訳ですから、室内の暖かい空気で燃やすよりは若干ストーブの燃えは悪くなりますが。
話しはややそれますが、特に薪ストーブの焚きはじめ、充分に煙突にドラフトができていない時に台所の換気扇を回すと、換気扇のパワーに煙突が負け、煙が室内に逆流することもあります。換気扇の位置や能力にもよりますが、あまり頻繁にこれが起こるような場合は、上記の給気アダプターで薪ストーブ専用の給気を確保してあげればたいていは解決します。高気密住宅などなかった時代の給気アダプターは、こんな場合のためのものでした。

さて、遠回りしましたが、ようやく高気密住宅での説明に入ります。
100%の気密住宅というのは存在せず、また、仕様や工務店によって気密レベルは異なりますが、やはり高気密を謳う住宅では一般的に薪ストーブは燃えづらくなります。室内の空気を吸おうにも、その分の外気流入がなければ結局充分な燃焼用空気を吸い込めません。
対策としては、上述の給気アダプターで薪ストーブ専用の給気道を確保してあげる、ということに尽きます。外壁を貫通させて外気を取るか、床を貫通させて床下の外気を取るか、どちらかやりやすい方での施工です。床下(基礎)も気密にしている場合はまた別ですが。
ともあれ、とりあえずそれで第一関門はクリアです。
次に気をつけなければいけないのが、換気システム。この換気システムにはいくつかのパターンがあります。給気と排気、共に温度差や風圧などの自然現象を利用して換気を行うものを自然換気、ファンなど機械の力を使うものを機械換気といいます。
この機械換気は、給気と排気への機械の使い方で、さらに三つに分かれます。給排気とも機械で行うものを第一種換気、給気のみ機械で行い排気を自然に任せるものを第二種換気、逆に給気は自然任せで排気を機械で行うものを第三種換気、と言います。
ウンチクが長くなりましたが、これらのうち自然換気と第二種換気はほぼ問題ありません。しかし、第一種換気と第三種換気、つまり機械で排気を行うパターンの場合は要注意です。
これらは言ってみれば「常に換気扇が回っている」のと同じ状態です。家の気密が高いほど、排出された分の空気を取り込もうとする力は、煙突を狙うようになります。排気ファンの位置と能力/家の気密具合にもよりますが、給気アダプターで外気導入を図っていても、特に焚き始めは煙突がファンに負け、煙が逆流して上手く燃えない可能性があります。炎が安定し煙突のドラフトが強くなるまでファンを一時的にOFFにする、窓を少し開ける、などの小手先の対策はありますが、事前に専門家に確認・相談することをお勧めします。ファンの位置を変えるだけで回避できる場合もありますし、最悪、ファンのスイッチを薪ストーブの近くに設置するなどの使い勝手改善の工夫もあります。
せっかくの薪ストーブ、こんなことで”ケチ”がつかないようにしておきましょう。


前【薪ストーブQ&A TOP 【薪ストーブQ&A;気密住宅と薪ストーブ】 次【薪ストーブQ&A;薪ストーブと環境

<PR>





薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers


FlameWatchers All rights reserved.
一切の転用を固く禁じます