薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers

薪ストーブQ&A;薪ストーブと環境


薪ストーブQ&A
初心者に良く尋ねられる質問を、Q&A形式にまとめてみました。ここに載っていない質問があれば、遠慮なくこちらからリクエストしてください。
CONTENTS
サイト TOP
サイトマップ
−基礎知識−
薪ストーブこれぐらいは知っておこう
薪ストーブの定義
薪ストーブのデメリット
薪ストーブとは?
薪ストーブのメーカーと特徴(前編)
薪ストーブのメーカーと特徴(後編)
−安全対策−
あなたの薪ストーブは火事になる
薪ストーブと法規制(前編)
薪ストーブと法規制(後編)
安全な薪ストーブの設置とは(前編)
安全な薪ストーブの設置とは(中編)
安全な薪ストーブの設置とは(後編)
−薪ストーブと煙突−
こんな薪ストーブはストレスばっかり
うちの薪ストーブは暖くない(前編)
うちの薪ストーブは暖くない(後編)
曲がった煙突はストレスの元(前編)
曲がった煙突はストレスの元(後編)
後悔しない煙突プランとは?(前編)
後悔しない煙突プランとは?(中編)
後悔しない煙突プランとは?(後編)
−レイアウト−
設置プランを工務店に任せるな
使い勝手の良い設置プラン(前編)
使い勝手の良い設置プラン(後編)
設置プランを工務店に任せるな
−業者の選び方−
良い薪ストーブ屋を探そう
良い薪ストーブ屋の条件
薪ストーブQ&A
薪ストーブQ&A TOP
リンク
リンク集
リンクについて  
−姉妹サイト−
薪ストーブ検索エンジン
薪ストーブ検索エンジン

ご意見などはこちらへどうぞ。
<関連書籍>
CONTENTS
薪ストーブQ&A

サイトにお寄せいただいた質問や初心者に良く尋ねられる質問を、Q&A形式にまとめ、随時追加していきます。
このページ以外のQ&Aは「薪ストーブQ&A」TOPからお探しください。
載っていない質問があれば、遠慮なくこちらからリクエストしてください。

薪ストーブと環境
前回は、エコの観点からも注目が集まっている高気密・高断熱住宅と薪ストーブとの相性について説明しました。では、環境自体と薪ストーブとの相性はどうなのでしょうか。
言葉を変えれば、薪ストーブはつまるところ、暖房として木を燃料にするということです。それは環境に対してどうなのでしょうか。

初めに連想されるのは、木を燃やすとCO2が発生するという事実。地球温暖化への防衛策としてのCO2削減は耳に新しいですから、まずはこのCO2という観点から考えていきましょう。
多くの人がここで「薪ストーブは環境にやさしくない」と捉えがちですが、しかし、専門家はそれに「」と答えます。
現在、国内で流通している薪は、ほぼ全てが間伐材を利用したものです。間伐材とは、健全な森林を育成するために間引いた樹木のことです。薪ストーブの薪にする木は、大きな一枚板や太い大黒柱を作る訳でなし、あまり大木である必要はありません。間伐材で充分ですし、逆にそのぐらいの方が扱いやすかったりします。
そして、薪ストーブが広がる前は、これら間伐材は引き取り手があまりありませんでした。処分するにもお金がかかりますし、山から下ろすのも大変です。木を倒しても、やもするとそのまま放置されたりしていました。
そして、やがて木は朽ちて土に戻ります。その際、結局のところCO2は発生するのです。その量は燃やした場合と変わりません。昔、学校で習った元素記号とその周辺の原理が強く頭に残っている人なら、なんとなく納得できるかと思います。
つまり、木を薪として燃やして一気に取り出すか、朽ちるに任せ徐々に吐き出させるか、結局のところ炭素の総量は同じ(地表レベルでは)、ということです。
鋭い人は、おや、と思ったかもしれませんが、上の文にあえて「地表レベルでは」という言葉を入れてみました。これは、石油やガスと対比するためです。これらは地下深くから人為的に取り出した物質ですから、燃焼させた分だけCO2は地表の総量にプラスされていきます。
ですから、木を燃料として使用してもCO2は発生しますが、石油やガスを燃料とすることと比べ環境への負担が著しく少ない、と言えるでしょう。

次に、森林資源の活用という観点から考えてみましょう。
この森林資源というもの、きちんと管理・育成をすれば数十年で再生可能と言われています。ン億年という歳月をかけて作られた石油などの化石燃料は事実上再生不可能ですから、森林資源を上手に利用する、それこそ即ちエコロジーである、と言っても過言ではない筈です。

さて、先ほど、薪は間伐材から作られていると書きました。また、薪ストーブが広がる前は、その間伐材の引き取り手がさほどなかった、とも書きました。実は、これだけ薪ストーブが広がっても、まだまだ間伐材の引き取り手は充分ではありません。それはつまり、この資本主義の世の中ですから、間伐すらされずに放置されている山野も多い、ということです。
日本の山野は原生林は少なく、ほとんどが云わば里山です。おじいさんは山へ柴刈りに、などと昔話にあるように、開闢から昭和初期まで人の手が入って管理・育成されていた山野です。それが、電気や石油といったエネルギー革命により、まったく顧みられなくなってしまいました。
その結果として、里山は荒れ、不健全な山野として現在に受け継がれています。それを問題視して間伐などの森林管理・育成に対し補助金を出す市町村も少なくありませんが、地主さんにとってそれだけでは当然赤字で、つまるところボランティアのようなものです。
ウッドチップやペレットなどでの活用も盛んになってきてはおり、間伐材の需要も増えてきてはいますが、到底充分とはいえないレベルです。
そう、今の日本では、森林資源を上手に活用する第一歩、森林の管理・育成が出来ていないのです。上でも述べたように、薪ストーブで使う薪は立派な大木である必要はなく、間伐材で充分ですから、薪ストーブは森林育成の良きパートナーとなり得る存在です。これからの薪ストーブの広がりが、間伐材の需要拡大、ひいては森林育成の起爆剤となることを願っています。

長くなりましたが、薪ストーブは暖房用燃料としての総合的なCO2削減のみならず、森林育成のパートナーともなり得るものです。
環境に興味のある方は是非薪ストーブ導入を検討していただきたいですし、また、興味がなかった人でも、薪ストーブの使用を通じて森林育成や環境といったことに興味を持っていただければ非常に嬉しく思います。



前【薪ストーブQ&A TOP 【薪ストーブQ&A;薪ストーブと環境】 次【薪ストーブQ&A;薪ストーブ炉台DIYのススメ

<PR>





薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers


FlameWatchers All rights reserved.
一切の転用を固く禁じます