薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers

薪ストーブ、これぐらいは知っておこう
薪ストーブの定義


薪ストーブってなあに?
薪ストーブの認知度が上がってきました。ただ、まだまだイメージ先行のようです。
本当のところ、あなたはどのくらい知っていますか?
業界で言われる「薪ストーブ」と「暖炉」の違いや、薪ストーブのメリットやデメリットなど解説していきます。
CONTENTS
サイト TOP
サイトマップ
−基礎知識−
薪ストーブこれぐらいは知っておこう
薪ストーブの定義
薪ストーブのデメリット
薪ストーブとは?
薪ストーブのメーカーと特徴(前編)
薪ストーブのメーカーと特徴(後編)
−安全対策−
あなたの薪ストーブは火事になる
薪ストーブと法規制(前編)
薪ストーブと法規制(後編)
安全な薪ストーブの設置とは(前編)
安全な薪ストーブの設置とは(中編)
安全な薪ストーブの設置とは(後編)
−薪ストーブと煙突−
こんな薪ストーブはストレスばっかり
うちの薪ストーブは暖くない(前編)
うちの薪ストーブは暖くない(後編)
曲がった煙突はストレスの元(前編)
曲がった煙突はストレスの元(後編)
後悔しない煙突プランとは?(前編)
後悔しない煙突プランとは?(中編)
後悔しない煙突プランとは?(後編)
−レイアウト−
設置プランを工務店に任せるな
使い勝手の良い設置プラン(前編)
使い勝手の良い設置プラン(後編)
設置プランを工務店に任せるな
−業者の選び方−
良い薪ストーブ屋を探そう
良い薪ストーブ屋の条件
薪ストーブQ&A
薪ストーブQ&A TOP
リンク
リンク集
リンクについて  
−姉妹サイト−
薪ストーブ検索エンジン
薪ストーブ検索エンジン

ご意見などはこちらへどうぞ。
CONTENTS
薪ストーブこれぐらいは知っておこう

まずは基本的な知識をおさらいしましょう。

薪ストーブの定義


<本当の「薪ストーブ」とは?>
このところ薪ストーブもだいぶ定着してきましたが、まだイメージが先行している部分があります。どんなイメージかって−−「薪を焚いて暖をとるもの」。

実はコレ、間違いではないのですが、完全な正解でもありません。イメージの範囲が広すぎるのです。例えていえば、明治時代初期の人が自動車に対して、「車輪が付いていて走るもの」というイメージを持っているようなものです。
間違いではないのですが−−「車輪が付いていて走るもの」には、自動車も含まれればオートバイも含まれてしまいます。その違いによってしっかりと用途が変わってきてしまうにも関わらず。

薪ストーブも同じです。
「薪を焚いて暖をとるもの」には、暖炉もあれば薪ストーブもあります。これらは別物です。細かいことを言えば、薪ストーブ型の暖炉もあります。

一般的に暖炉とは、室内で焚き火をする設備、
と言えば間違いないでしょうか。壁際にレンガなどで造られた、アレです。
対して薪ストーブとは、煙突付きの鉄の箱、と考えてください。まあ、鉄の箱と言っても、鋳鉄で優雅なデザインにあつらえてあったり、ホーローなどで塗装がしてあったりと、最近のものは非常にインテリア性が高くなっています。また、炎が眺められるよう、前面扉などに大きな耐熱ガラスをはめ込んであるのも特徴です。

薪ストーブは暖炉の進化したもので、設置が比較的容易になり、また薪を燃やす効率が非常に高く、現代の暖房として十二分に通用するものです(暖炉はあまり暖房効果はありません)。近年注目が集まっているのは、まさにこの薪ストーブなのです。
当サイトでは、実用性もあり、またスローライフの為の本物の道具たり得るこの薪ストーブ、その設置に関して、専門的見地から色々なノウハウを解説していこうと考えております。

<薪ストーブの魅力>
初めから小難しい話をしてしまいましたが、薪ストーブは魅力たっぷりの素晴らしいものです。このサイトは薪ストーブの販売サイトではありませんから(笑)、簡単に三つだけその魅力を紹介しましょう。
まずは、リビングの片隅でちろちろと燃える炎。インテリアとしてこれ以上のものはありませんし、その癒し効果は絶大です。
そして、柔らかい暖かさ。ファンヒーターなどと明らかに違う、日溜りにいるようなその暖かさ。ほぼ全ての薪ストーブユーザーが「ファンヒーターには戻れない」と言うのはコレです。
最後に、朝起きて寒くない。あんまり小型の機種では難しいですが、寝る前に薪をしっかり入れておけば、一晩中ゆらゆらと燃え続けます。もし途中で火が落ちてしまっても、急激に部屋が冷えるということはありません。目は覚めたけど寒くて布団から出られずについつい寝過ごして…ということは確実に減るでしょう。また、夜中にトイレに起きることの多いお年寄りにとっても、とても優しい暖房であるといえるでしょう。

とにかく、薪ストーブは、本当に良いものです。
薪ストーブ業界で営業職を置いている販売会社が少ないのは、お客のクチコミが強力な営業となっている証なのです。

とはいえ、薪ストーブは良い面ばかりではありません。
次は「薪ストーブのデメリット」についてお話しましょう。


前【サイトTOP】へ 【薪ストーブってなあに?】 次【薪ストーブのデメリット】へ

<PR>





薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers


FlameWatchers All rights reserved.
一切の転用を固く禁じます