薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers

薪ストーブ、これぐらいは知っておこう
薪ストーブのメーカーと特徴


薪ストーブのメーカーと特徴
薪ストーブのメーカーにはどんなところがあって、どんな特徴があるのでしょう。
書き出せばきりがないのですが、ざっと解説をします。
CONTENTS
サイト TOP
サイトマップ
−基礎知識−
薪ストーブこれぐらいは知っておこう
薪ストーブの定義
薪ストーブのデメリット
薪ストーブとは?
薪ストーブのメーカーと特徴(前編)
薪ストーブのメーカーと特徴(後編)
−安全対策−
あなたの薪ストーブは火事になる
薪ストーブと法規制(前編)
薪ストーブと法規制(後編)
安全な薪ストーブの設置とは(前編)
安全な薪ストーブの設置とは(中編)
安全な薪ストーブの設置とは(後編)
−薪ストーブと煙突−
こんな薪ストーブはストレスばっかり
うちの薪ストーブは暖くない(前編)
うちの薪ストーブは暖くない(後編)
曲がった煙突はストレスの元(前編)
曲がった煙突はストレスの元(後編)
後悔しない煙突プランとは?(前編)
後悔しない煙突プランとは?(中編)
後悔しない煙突プランとは?(後編)
−レイアウト−
設置プランを工務店に任せるな
使い勝手の良い設置プラン(前編)
使い勝手の良い設置プラン(後編)
設置プランを工務店に任せるな
−業者の選び方−
良い薪ストーブ屋を探そう
良い薪ストーブ屋の条件
薪ストーブQ&A
薪ストーブQ&A TOP
リンク
リンク集
リンクについて  
−姉妹サイト−
薪ストーブ検索エンジン
薪ストーブ検索エンジン

ご意見などはこちらへどうぞ。
CONTENTS
薪ストーブこれぐらいは知っておこう

まずは基本的な知識をおさらいしましょう。

薪ストーブのメーカーと特徴(後編)
− 薪ストーブのメーカーと特徴(前編) へ戻る ―

<さらに一歩踏み込んで解説すると>
ここまでに名前が挙がったメーカーはどれもしっかりしたメーカーなので、必要とする大きさで機種を絞って、あとは各社のデザインで決めてしまってもいいかもしれません。
ただし、背の高いインテリア性重視のストーブに多いのが、薪が入る長さ30cmまで、というタイプ。これは薪が大変です。市販の薪は40cmか50cmが主流で、30cm以下はまず売ってません。自分で作るにも、倍近い手間と場所をくいます。デザインで、と言ってもそこだけは注意しましょう。
次いで、特に薪ストーブ料理をガンガンしたい場合。
特別にクックストーブにしなくても、火室が充分に広ければ、料理は充分に可能です。ただ、バーモントキャスティングスのストーブは、鍋などを置けるサイドシェルフ(棚)を付けられたり、ダッチオーブンを火室に入れる際の専用スタンドがあったりと、何かと便利です。
けして他社のストーブで料理ができない訳ではないのですが、薪ストーブ料理を重視する人は、バーモントキャスティングスのアンコールあたりが良いでしょう。
また、天板の温度が構造的に上がりづらいストーブがあります。輻射式のストーブで、天板も二層構造になっていたりすると、さほど天板の温度は上がりません。保温程度だったら良いですが、そういった機種の場合、薪ストーブ料理をしたい人にはあまり向かないかもしれないですね。

最後に一点だけ補足。ダッチウエストのコンベクションシリーズは性能に対する価格が安く、カタログだけ見ると非常にお買い得に見えます。品質・性能共に確かに良いストーブですし、初心者でも楽に焚ける点も賞賛すべき長所です。ただし、ただでさえ熱が集中する火室上部に細かいパーツを多数使っていますので、乱暴に焚いている人の場合、数年でそのあたりがやられて歪んだりしてしまうケースが結構あります。温度管理など丁寧に焚いていれば問題は少ないのですが、そもそもそういう構造なので注意しましょう。


前【薪ストーブのメーカーと特徴(前編)】へ 【薪ストーブのメーカーと特徴(後編)】 次【薪ストーブと法規制】へ

<PR>





薪ストーブ設置ノウハウ習得サイト FlameWatchers


FlameWatchers All rights reserved.
一切の転用を固く禁じます